TOP
41.31score

みーやん

初めての体験をさせてくれたミミ

私の小学校では、ミミという真っ白なウサギを飼っていました。

小学校四年生~六年生の三年間、飼育係になりミミの飼育をしていました。

ミミはとても警戒心が強く、ご飯を置きに行くと必ず隠れていました。

でも、そんな姿がとってもかわいくて嫌になりませんでした。

抱っこをさせてくれませんでしたが、不思議と大好きになっていったのを覚えています。

毎日掃除をして、ご飯をあげて、話しかけたりしていた2年目。

慣れてくれたのか、ご飯を置きに小屋に入ったときミミの方から近づいてきたんです!

ダメもとでニンジンを手に持って差し出してみると、迷わず食べてくれたのです!

このときは、叫んで喜びました♪

こんなにうれしい気持ちになったのは小学校の中で1番だと言っても過言ではありません!

でも、もうすぐ私が卒業する冬の頃でした。

ミミも寒かったのかな。

急に亡くなってしまったと言う連絡をもらい、急いで学校に行ったのを覚えています。

泣きながら、初めての「死」を体験させてくれました。

「喜び」も「死」も、初めてはミミでした。

今でも、ミミの命日には小学校に行って話しかけています。

私はミミが大好きです。

これからもずっと。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-02-05 02:00

コメント (0)